家づくりに対する想い

Thoughts for house building

  1. HOME
  2. 家づくりに対する想い

世代を超え 
未来の子供たちに残す家を
技術で提供する

私たちは、お客様の「住まいづくり」をお手伝いするにあたり「木の文化」を通して、お客様の豊かな生活・暮らしを提供し、「家をつくる」と共に、「新しいライフスタイル」を提案いたします。
私たちは、「省エネルギー」を積極的に学び、お客様に提案し、高機能かつ自然の力を利用した「住まいづくり」を目指し、住宅を長期優良住宅とした高断熱・高気密・高耐久の「100年住宅」を提供する努力を惜しみません。
そして、お客様に喜んでいただける住まいを提供し、次の世代にも残せる家をつくり続けます。

クレド(信条)

我々は木を通じて日々奉仕することは、
健康で豊かな生活を『木の空間』として表現し、『お客様』『協力企業』、そして『家族の心』を満たす事と確信する。

約束

第1の約束 感動する行動や努力をしなければならない。
第2の約束 環境は心地よく、和がなければならない。
第3の約束 活動は公正かつ動議のかなった事でなければならない。

目的

世代を超えて未来の子供たちに残す家を省エネ技術で提供する。

社長の想い

お客様がほしい家をつくりたい

私たちの願いは、お客様のほしい家を建てることです。多様なニーズに応えるため訪ねた“福祉先進国”北欧で、私は土肝を抜かれました。暖房は、セントラルヒーティング。1年のうち半分以上が冬ということもあり、屋根はもちろん壁まで太陽光発電パネルを設置していたり、複層のガラス窓も氷点下になると自動的にシールドされ外の寒さが家に入ってこない工夫がされていたり、自然エネルギーと省エネルギーについて実に多くのことを学ぶことができました。木材に関しては、ドイツの事例ですが、木で高層住宅を建てていました。国土の30%が森林というドイツの木材自給率が100%。国土の66%が森林の日本の木材自給率が約35%。この違いは何か考えてしまいました。もっともっと地元の木材を活用しなければという思いを強くして帰国しました。

山の恵みを生かした木の家は、住まう人の暮らしだけでなく、住まいづくりを支える多くの人の生活を支え、引いては地域経済、自然環境の保全をも担います。幸い技術革新によって木材は、含水率を20%以下にできるようになりました。またスギ材は、深い熟睡効果などの効能を持つことも分かってきました。お客様の住まいづくりのお手伝いをするにあたり、私たちは自社ブランド「奥州赤杉」はじめひずみ、くるいのない国産材と、北欧で学んだ暮らし方、考え方をコラボさせた「北欧の家 温森」や、一般住宅と同じ価格で木材の使用量が5倍になるタテ型ログハウス「タテログ TATEROG」などを商品化し、提供して参りました。
そして創業10年を目前に控え、私たちは新たに住まいのバリエーションを増やし、お客様がほしい家を、どなたにでも手が届く価格帯で提供していく準備を進めております。木の香りがする安心で丈夫な家、環境に優しい家、子育てしやすい家…。お客様は、どんな家に住みたいですか? 私たちと一緒につくり上げていきましょう。お気軽にご相談ください。

代表取締役社長志賀 正敏

ZEHの目標

ZEHとは?

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

2020年までの目標

平成28年度目標 平成29年度目標 平成30年度目標 平成31年度目標 平成32年度目標
ZEH
受託率
10 15 21 26 30
Nearly ZEH
受託率
7 12 12 16 20
ZEHシリーズ
受託率の合計
17 27 33 42 50
  • ZEHの周知・普及に向けた具体策

    ホームページや広告などを通し、告知・普及させ、POPや資料を取り揃えて周囲に配備する

  • ZEHのコストダウンに向けた具体策

    仕様の見直しを行い、工程の管理をしっかりと行いロスをなくし、各協力業者の協力のもとコストダウンの見直しを行う

  • 地球温暖化に役立つ住宅を消費者に提供し、気密・断熱をしっかり取り建物の性能を上げる

    仕様の見直しを行い、工程の管理をしっかりと行いロスをなくし、各協力業者の協力のもとコストダウンの見直しを行う