新築をお考えの方

New construction

  1. HOME
  2. 新築をお考えの方

新築をお考えの方

「木の力」が建てる家

私たちが目指しているのは、県内および近県の木材を使って建てるお財布にも優しい高性能住宅です。
近年、乾燥技術が進歩し、木の含水率を20%以下にすることが可能になりました。自社ブランド木材「奥州赤杉(福島県と近県の芯持ち杉)」を含め、「kiln dry(キルンドライ)」で乾燥させたひずみやくるいの少ない天然木材を使い、専属の大工さんが建てる家は、気密性・断熱性に優れることから、トリプルガラスや太陽光発電システムなどを採用することでゼロエネルギー住宅へとバージョンアップして行くことも可能です。
お客様は、どんな家がほしいですか?

お客様は、どんな家がほしいですか?

私たちの願いは、お客様のほしい家を建てることです。
ぜひ、私たちにご相談ください。補助金のアドバイスもいたします。

「木の力」の家の3つのポイント

  • 奥州赤杉

  • 多彩なデザイン

  • 自然&
    省エネルギー

奥州赤杉

福島県と近県の芯持ち杉を自社ブランド「奥州赤杉」と名付けました。杉の白い部分は、「白太」と言って栄養分が行ったり来たりしているところです。赤い部分は、水に強く防虫成分や腐りにくくする防腐成分が豊富です。その特徴をよく知っている昔の大工さんは、赤い芯の部分を土台に使いました。
私たちは、福島県と近県の林業の復興を目指し自社ブランドを立ち上げました。木は、乾燥すればするほど強度が増します。「kiln dry(キルンドライ)」で乾燥させた「奥州赤杉」は、主に基礎や下地材として使われます。が、節が気にならなければ、仕上げ材として表に使うことも可能です。家づくりのコストも抑えられます。
また杉材は、その効能として抗菌やリラックスなどの効果のほかに、深い眠りを得られるなどの効果があることがわってきています。

多彩なデザイン

設計部門が「あなたのライフスタイルスタイルをデザインする」をテーマに、自然の光・風・熱を取り入れたパッシブなデザインの、強くて優しい木の家をご提案いたします。
あなたの「こんな家に住みたい」を教えてください。夢に描いたこだわりの家を一緒につくっていきましょう。

自然&省エネルギー

「木の力」は、気密性・断熱性の高い省エネルギー住宅に自然のエネルギーを組み合わせる暮らし方を提案しております。
「ヒートショック予防」「CO2の削減」「アレルギーの軽減」などの効果があると言われる熱交換換気による24時間換気システムや、窓からの熱損率を6削減できると言われる高性能トリプルガラス樹脂窓、太陽光発電システムなど、お客様の生き方、暮らし方にふさわしいプランをご提案いたします。
私たちは、目に見えない断熱にもこだわります。発泡ウレタンやグラスウール、セルロースファイバーなどを用意し、屋根、壁、床にすき間なく施工し「夏涼しく、冬暖かい」住環境をつくり上げます。古紙をリサイクルして用いるセルロースファイバーの吹き込みについては、印刷に石油インクなどを使用していない製紙会社のピュアなパルプの端材などを使ったものを使います。

事例紹介

キャンプス

ムク材をふんだんに使用した高気密・高断熱住宅です。壁に杉板を使い、その外側に断熱材をすき間なく入れ、外壁はガルバリウム鋼板を採用しました。屋根に太陽光発電システムを搭載するなど、エネルギー収支をゼロにできるZEH(ゼッチ)※仕様も可能です。杉板の内壁は、塗り壁にすることもできます。

※ZEHは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能をアップし、さらに太陽光発電システムなどでエネルギーを創ることにより、年間の1次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。詳しくはこちら

コンセプト住宅「北欧の家 温森(ぬくもり)」

福祉先進国視察で学んだ高性能住宅です。住まいを家族との会話を増やし、絆を深め、英気を養う場所と考えました。床、天井、建具などに天然ムク材をふんだんに使用。壁はスイス漆喰仕上げ。ほっとする優しさと温もりを届けるだけでなく、気密性、断熱性、耐震性能にも優れた2×6工法による理想的な省エネルギー住宅です。暑さ寒さに影響されにくい住宅をつくることで、空気調整の必要がなく、冷暖房のランニングコストを大幅に削減しました。

高気密・高断熱 タテ型ログハウス
「タテログ TATEROG」 

縦ログ工法とは、木の角材を縦に並べて固定しパネルにして壁や床、天井に使い、「木打放し」の空間をつくることができる新しい建築工法です。従来のログハウスは、木材を横に積んだもので、これを縦に並べたから「縦ログ」と呼ばれるようになりました。杉の語源は「直(す)ぐ」です。真っ直ぐの力に強いという杉の特徴を生かした工法です。断熱効果も高く、理想的な温熱環境が得られます。杉材の魅力を最大限に生かしながら暮らせる家です。

新築の事例をもっと見る